未利用農地を活用する
検証を進めていきたい。

2012年 入社 社長室

中尾 星志

CAREER
入社後、開発部を経て社長室に配属。

入社理由

農作業を楽にできるような仕事、
新しいモノを創り出す仕事をしてみたい

実家が農家で、主に祖父母が担っていました。中山間地での農業でもあったため、まだまだ手作業が多く、祖父母の農作業を楽にできるような仕事に就きたいと思っていました。 また、新しいモノを創り出すことに興味があり、そのような仕事をしてみたいという思いもありました。 入社後は開発部に配属され、農業機械の新商品開発に携わることができました。

仕事内容

各部門と協力しながら会社全体の課題を解決

社長室は、全社の課題抽出と、その解決が業務です。 部門間にまたがる課題や、全部門に関係する課題にいち早く気付き、各部門と協力しながらよりよい姿を作り上げていきます。内容は多岐にわたりますが、それぞれの内容が相互関係しています。

面白さ

自身の新たなアイデアが反映され、自身でそれを実行できる

やりたいことがやれる点です。 企画から、製造、販売まで一気通貫でのモノづくりを担っているメーカーだからこそ、自由がききます。自身の新たなアイデアが反映され、自身でそれを実行できます。経営理念が再定義されたことで、事業範囲はさらに広がり、何でもできると感じられるところが面白さだと思います。

KOBASHIらしさや強み

どの社員の方もよい意味で真面目

どろくさく、こつこつと。 どの社員の方もよい意味で真面目です。農業機械が自然相手の商品であるということもありますが、一つひとつ、こつこつと積みあげていくしかない場合も多々あります。目標に向けてそれぞれの役割を果たすためにどろくさく、こつこつと行動できる人が多いことがKOBASHIらしさだと思います。

今後実現チャレンジしたいこと

未利用農地の活用のための検証をさらに進め、地元の未利用農地を一変させる

KOBASHIでは社会発展と環境良化を両立した、持続性の高い新たな価値を生み出す活動も行っています。今後は、未利用農地の活用のための検証をさらに進め、地元の未利用農地を一変させたいです。 一緒に、新たな価値を生み出していきましょう。

ページ上部へ移動